完全にキーボードショートカットだけでWindowsOSをシャットダウンする方法。

  • 2019.10.14
  •  
  • 2020.01.15
  •  
  • 小技
完全にキーボードショートカットだけでWindowsOSをシャットダウンする方法。

グラフィックボードがクラッシュして画面が映らなくなったり、ディスプレイが突然逝ってしまったりした時は、マウス操作でのシャットダウンは困難。

本体のリセットボタンや電源ボタンと言う最終手段はあるものの、出来ることなら安全にシャットダウンしたい。

そんな時に、キーボードだけでシャットダウンする方法を覚えておけば、いざと言うとき困らない。

では、サクッと手順を書き殴っておきます。

手順

1.とりあえず保存

Ctrl + S

作業系のソフトウエアであれば、現在の状態を保存するのに、大抵はこのキーボードショートカットが割り当てられてるはず。
ゲームとかは、操作のキー順序を体感で覚えておくしかない。

手順 2.デスクトップの表示

Start + D

次のコマンドのための布石として、デスクトップを表示するキーボードショートカットを実行。
開いてるアプリを、問答無用で最小化する機能。

手順 3.Windowsのシャットダウンを起動

Alt + F4

「Windowsのシャットダウン」という機能を起動。

「Windowsのシャットダウン」の画面

手順 4.シャットダウンを実行

Enter

初期状態で「シャットダウン」が選択されているので、そのままEnterきーを押せばシャットダウンを開始します。
因みに、矢印キーの上下(↑↓)ボタンで再起動や他の方法も選べる。

これで、安全にシャットダウンできます。
緊急時に失敗しないように、常用するソフトウエアで通用するか、事前にテストしておくのがオススメ。

おまけ:別の方法

Windows10では、Stert + X を押してから、Uを二回押しでもシャットダウン可能です。※この方法はWindowsのバージョンによって手順がこのなるので、他のバージョンでは要確認。

Steat + X を押してUを一回押したときのメニュー表示

小技カテゴリの最新記事