澤屋まつもと 守破離 五百万石 ってどんな味?おいしい?【日本酒きき酒レビュー】

澤屋まつもと 守破離 五百万石 ってどんな味?おいしい?【日本酒きき酒レビュー】

調和のとれた旨味があり、スッキリとした飲み口

日本酒らしい味わいながら、新しさを感じる名前の通りのお酒。

 

「澤屋まつもと 守破離 五百万石」とは

伝統を守り、新しい感性を持って、新境地を想像する

その思いから「守破離」の名が与えられた日本酒。元は茶道や武道での師弟関係を表す言葉ですが、昨今の日本酒文化の流れをよく表していると思います。

伝統を重んじてそれを受け継いで行くことも大切ですが、伝統という殻を破り日本酒の新たな一面を見つけて行くのも大切。実際、日本酒とはそうやって進歩しながら現代まで造り続けて親しまれてきたのです。

さて、今回はそんな守破離の「五百万石」を飲みます。

「五百万石」は酒米のこと。これを原料とした日本酒は”香り良くすっきりとした飲み口のきれいで淡麗な酒質になる”とされています。

そんな前知識はありますが、澤屋まつもとの日本酒を呑むのは今日が初めて。どんなお酒なのか楽しみです。

「澤屋まつもと 守破離 五百万石」のラベル情報

特定名称:未記載(分類上は純米酒)

原料米:五百万石 精米歩合:未記載(65%らしい)

アルコール度数:15度 製造年月:17.12(瓶詰) 出荷年月:18.04

蔵元情報

松本酒造株式会社 所在地:京都府京都市伏見区横大路三栖大黒町7

「伏見の名水」で有名な京都伏見の酒造会社(寛政3年創業)。時代に流されず純米で質の高い日本酒を造り続けています。「桃の滴」「日出盛」が基幹ブランドですが、全国的には「澤屋まつもと」と「守破離」という名前の方が有名かも。澤屋まつもとの「澤屋」は創業当時の屋号が元になっています。

HP:http://www.momonoshizuku.com/

ブランドサイト:http://sawayamatsumoto.com/

レビュー 唎酒日:2018/09/05

色合い 炭酸ガスの泡が見える澄んだ色

余計な濾過はしていないのでしょう。僅かに色づいていますが、とても綺麗で澄んだ色をしています。

細かな泡は炭酸ガスによるものです。

 

香り 優しくも甘い

メロンのような果実味のある優しい甘く優雅な香り

僅かにフーゼル油な匂いもしますが、気にならないレベル。

 

味わい すっきりだけど旨味がある

ほのかな炭酸ガスの泡が口当たりに軽やかさをプラスしています。

発泡感のある日本酒にありがちな苦味がないのは特記すべき評価部分。

果実味あるやさしい酸味、すっきりとした旨味とかすかな甘み、それらがとてもバランス良く調和しています。

喉をとおる時に嫌な刺激はなく、後味も爽やかな酸味が心地よい。

 

温度での違い

冷酒

優しい酸味が心地よく、舌先に発泡感を感じ、ほのかな甘みにすっきりとした旨味が調和しています。

喉を通る刺激はなく、後味に残る酸味もとてもきれい。

グラス(冷酒)

酸味はより優しくなって、発泡感の感じ方も穏やか、甘みと旨味が少し際立つように感じます。

刺激感なく、後味の酸味の心地よさは盃と同様です。

 

ラベルでも“グラスがおすすめ”と書かれていますが、それも納得、透明感がありながらも旨味のある繊細な味わいです。

キヘボンは全体の調和が抜群な盃が好きですが、どちらの酒器も甲乙つけがたい。

 

冷酒で呑むのが一番おすすめなのはキヘボンも同意です。

 

冷や酒(常温)

まろやかでとろみのある口当たりに変化し、酸味が少し強くなって、甘みがより引き立っています。

喉を通るときの刺激は僅かに感じるようになって、後味に若干の収斂味を感じます。

 

お燗(上燗45℃前後)

盃に注ぐと途端に炭酸ガスが泡を作ります。

梅のようなスッキリと酸とやさいい甘みを感じ、旨味のあるキレの良い濃厚な味わい

刺激は冷やより少ない、後味に酸味を強く感じますが心地良い。

 

冷酒がおすすめですが、お燗にしても美味しいお酒です。

 

燗冷まし

酸がしっかりと残っていて、苦味を感じるようになります。

喉を通る時に刺激を感じま、後味にも苦味を感じます。

 

進められた飲み方ではないので蛇足感がありますが、お燗にするなら暖かい間に呑みきるのがベスト。

 

総評 すっきりと旨味のある美味しいお酒

守破離、正直ナメてました。呑んだ瞬間に「あ、これおいしいやつだ」とわかる”うまい”日本酒。

日本酒としての万人向けなおいしさもあります、透明感がありながらも、旨味のある繊細な味わいは、個人的にとても好みな味です。

お酒自体が美味しいので、料理と合わせるなら、素材の旨味を楽しめる薄い味付けの料理がいいかな。

浅漬けとか野菜スティクで十分ですが、強いて料理で挙げるなら京懐石ですかね。素材の味を活かす料理のが多く、日本酒への相性もバッチリ。京都だからではなく呑んだ印象で考えましたが、やはり京都の名酒には京都の料理が合う気がしますね。

あすすめ度

初心者 ★★★★☆

バランスが良くて、スッキリと呑みやすい日本酒なので、初心者の人にもおすすめできます。

中級者 ★★★★★

本当にきれいで調和のとれた旨味のあるお酒なので、これは飲んでおくべきです。

上級者 ★★★★☆

スッキリとしていながら旨味のある日本酒です。飲み口が軽やかなので、飲み過ぎ注意です。

 

呑み終えて…(2018/09/06)

とてもおいしいと感じる日本酒でした。

ただ、開栓翌日に呑んだ際に酸味が強くなっていたので、味の変化しやすいやわらかな酒質なのかも。

開栓してすぐに飲み切ってしまうのがおすすめです。

日本酒カテゴリの最新記事