初めて呑む日本酒には獺祭がおすすめ

初めて呑む日本酒には獺祭がおすすめ

獺祭おすすめ

初めての日本酒で何買おうか迷って居る人は、とりあえず獺祭飲んでおけばいいと思うのです。

おすすめな5つの理由を書いておくので良ければお付き合いください。

その1 品質が安定している

昔ながらの作り方だと醸造年度毎に味が違ってきますが、獺祭の蔵元の旭酒造では数年前に杜氏が去ったことを機に、杜氏に頼らないデータの収集と活用による酒造りを行っています。それによって品質も安定しているので、醸造年度によっての味の変化があまりないので、勧めた人が飲んだ味と、勧められた人が飲んだ味が極端に違うという事がないのです。

その2 すっきりしてて美味しい

獺祭は雑味の少ないすっきりとした飲みやすい日本酒です。呑兵衛の人には「旨味が無くてつまらない」と評価する人もいますが、呑兵衛のいう旨味が初心者の人にとっては雑味と感じられる場合も多いので、獺祭のすっきりした味は初心者の人にはおすすめなのです。

その3 味の基準になる

旭酒造の獺祭は、これから日本酒を飲む方にとって、味の基準とするにはちょうど良い日本酒です。いつ飲んでも安定した味ですし、精米歩合が低くなればその通りにすっきり度が増していくこともあって、山田錦をこれだけ削ればこのくらいの味になると言うような、精米歩合での味の基準にするには向いています。

その4 純米大吟醸が安い!

山田錦を50%まで削った純米大吟醸クラスだと2,000円以上するのが当たり前ですが、獺祭の純米大吟醸50(山田錦50%)は定価が税込1,539円!と、とってもお買い得です。それをいい事に、特約店で定価買いした獺祭をプレミア価格で売っていた酒屋が多かったから新聞広告まで出されたワケですが・・・。

その5 Amazonプライムで買えるようになった

初心者の人におすすめな最後にして最大の理由がコレ。Amazon販売プライムで購入が出来るようになった事です。しかもプライム会員なら送料込みで蔵元定価で買えちゃいます。

本当に初めてと言う人には「お試しセット」が本当におすすめです。

 

 

おわりに

獺祭をだいぶヨイショした記事になってしまいましたが、実のところ獺祭はキヘボンの定期買いリストには含まれていなかったりします。単に好みじゃないと言うこともありますが、すっきりとした酒質を目指しているからか旨味の少ないお酒なので、日本酒の味に慣れてくると物足りなく感じてしまうのです。

初めての日本酒におすすめな獺祭ですが、それだけに留まらず色々な日本酒を呑んでいくことで、本当に美味しいと思える日本酒に出会えると思います。

それでは、乾杯!

日本酒カテゴリの最新記事